カテゴリ:未分類( 69 )


みなさ~ん
お待たせしました~。
って言っても、見てる人少ないだろうけど。
ブログのアドレス、変えました。
新しいアドレスはココで~す。
見てくださいね~。
http://blog.goo.ne.jp/rug1earth/
[PR]
by rug1earth | 2007-06-15 05:55


娘のゲーム機で
癒されながら、何とか人生を、食い繋いでいく毎日。

く~~厳しい~~。

ええよ、ええよ。
それでもいつかは良い日が来るだろう。
出来れば、死ぬ前に来てほしいけど。

別の人生も模索したいけど、こう忙しくっちゃねえ。
忙しさの半分は、自分のこだわりと要領の悪さもあるんだけど。

ま、ええよ、ええよ。
頑張りまっしょ。

今日は、休みの朝に書いてるから、明るいねえ。
終日の夜に書くと、すっごい落ち込んでることが多いんだけど。

今日は、明るい花も付けときましょ。
b0088616_6213231.jpg

[PR]
by rug1earth | 2007-06-02 06:24


もう
限界に近いかな? 今の仕事を続けていく気持ちは。

情けない話だけど、人には一つのことに引退の時期もあるよね。

素直に受け入れられない立場だけが、そこにある。
だから、苦しむんだけど。

それを自分で承知した上で、次の展開を模索しよう。

会社の批判はなんぼでも出来るけど、批判するのは改善の余地が残っているから、と思う訳で。
改善の糸口も見つけられない我が社と自分に、ホトホト愛想が尽きた。

とは言っても、自分の別の生き方も、簡単には見つけられない。
困ったもんだ。

ヘタに救いを求めると、足下をすくわれるし、家族がいる身で、ヘタなこともできない。
大変だね。
まさに大変だ。

自分に何が出来るのか?
それを見つけ出すことが、先決か?

そうやって、今日も一日が終わっていく。
目が覚めると、憂鬱な明日が始まる。

この世に終わることのない苦しみなど存在しない。
時が忘れさせてくれる。
悩みを抱えた友達には、よくこの言葉で慰めるけど。
俺の今の苦しみは、いつ終わりを迎えるのか?

誰か、今まで耐えて、頑張ってきた俺を褒めてくれ。
[PR]
by rug1earth | 2007-05-21 23:39


兄ちゃんの
ブログを見つけた。
俺が親父にアドレスを教えたばっかりに、行方不明になっていたブログ。

良かった。
生きてた。

やあ、でも兄ちゃんの旅の記録はすさまじい量だ。
今度はコソっと見ておこう。
つっても、あまりに量が多いので、全部が全部は見てられないけど。

前は、あまりに出来の良いブログに、「父ちゃんもヒマだったら、やったら」、と紹介したところで、とんでもないことになった。

まあ、親なんてそんなものだろうけど。

俺も表のブログのアドレスを教えて、しばらくは表のブログが書きにくくなったけど、今はもう、結構平気で色んな事書いてるかな。

不器用なのは、兄ちゃんでなく俺の方か?
今でも親父の手の中から逃れられず、恨み言も止められない。
もうそろそろ、自分の人生を生きるべきか。

良かった。
今日はもう、寝よう。
[PR]
by rug1earth | 2007-05-15 03:31


なんさま
糖尿の具合が悪い。

痩せてみたり、狭心症的な発作?が起こってみたり、蕁麻疹が出たりとか。

折り返し点かねえ。
[PR]
by rug1earth | 2007-05-15 02:27


自分の時間を長く持とうとしても
なかなか持てないねえ。

人は簡単に、自分の範囲の中から抜け出せないのかなあ。

この前ニュースで、フランス人の悪いところは、8時間(7.5時間?)以上働けない制度を作ったところだと言っていたが。
本当に人間、そんなに働かなくては生きていけないものなのか?

単身赴任が常識的で、残業が当たり前の世界なんて、興味ないよ。

金持ちになりたいねえ。

なって、ゆっくり暮らしたいねえ。

そうなったらそうなったで、ゆっくり出来ないっていう人もいるだろうけど。
なってみないと分かんないじゃない。

物欲的なものに捕らわれちゃいけないって良く言われるけど、自分のほしいものぜ~んぶ買ってみたいよね。

良く金の使い道に困っている金持ちの話があるけど、俺、少々の金持ちになっても、金の使い道には困らないような気がする。

人生、楽しく生きたいねえ。
[PR]
by rug1earth | 2007-05-15 02:00


さあて
言葉で表現するのも苦手、絵で表現するのも苦手。
なら、どう表現すれば良い?

自分の生きる目標は定めた。
それに向かって進むことも決心した。
そこに才能の有る無しは関係ない、そう思うことにした。
でも、現実はそこに思い悩まされる。

心を鉄人になどできない。
でも、悩むのは嫌いだ。
でも、その悩みの中に人の生活がある。

仕事の苦悩から解放されたい。
だけど、その苦悩から解放されるために就いた仕事から、また悩まされるのでは?

人生は堂々巡りで、終着駅などない。
悩む人間は悩み続け、平気な人間は、いつも平気でいられるものなのか?

いやいや、ここで諦めても何の解決にもならない。
だから、望む姿を目指して進むべき。
自分の定めた目標に向かって進むべき。
少なくともそこには生きる希望があるから。
b0088616_0332253.jpg

[PR]
by rug1earth | 2007-05-07 00:31


人って
やっぱり自分の立場になってみないと、その人の気持ちなんか分からないのかもしれないね。
人はそれぞれ能力も違うし、ものの考え方だって違う。
だから、何を辛く感じているかなんて、他人には分からないのかもしれない。
たとえそれが、隣りにいる人間にでも。

辛くて辛くて、何度も夜中に目が覚めて、歯を食いしばって声を殺して悔し涙を流しても。
人に見せないようにすれば、それはただ暢気に気楽に過ごしているように見えるものらしい。

他人にはそう見えなくても、精一杯の努力をしていることってあるよね。
出来る人間には、出来ない人間の辛さは見えない。

人の脳みその能力なんて千差万別でしょう?
身長が1.6mしかない人に2mの高さにあるものを、足継ぎ無しに取れって言っても無理だよね。
目に見えない能力差の場合、それは目に見えない暴力を人に強いているのかもしれないね。

「人間は努力をすれば何でもできる」
それは、その能力を持ってた人間の、成功してからの意見だよね。
途中で、挫折していった数多くの人間達の意見じゃ決してない。

最初から諦めてはいけないが、努力をし続けても出来なかった人も認めるべきだよね。
受け入れるべきだよね。
そして、その人の努力も評価すべきだよね。
でも、そんなこともひっくるめて、やっぱり他人の気持ちや、他人の限界なんて見えないから、人は他人の立場なんて分からないのかもしれないね。
[PR]
by rug1earth | 2007-04-23 01:52


事の善悪って何?
事の善悪って何?

人によって違う。
立場によって違うけれども。

殺人がそう?
姦淫がそう?
他人に迷惑をかける行為がそう?

僕は思う。
他人の存在を、どこまで無視するかってことじゃないかな。
他人っていうのは、世の中の生物全てを含めてね。

すると、殺人は当然、殺される人の存在を無視しているのだから悪だよね。
姦淫は、自分のパートナーの存在を無視しているから、これも悪かもしれない。
他人に迷惑をかけるっていうのも、その人の存在を無視しているからそうなるのかな。

でも、他人の存在を無視するってことは、多くの権力者や有力者、人の上に立っている立場の人間にも良くあることだよね。
それが悪になるなら、法律では裁き難い悪ってことになるのかな。
それが悪になるなら、命の代償を払わなければならない場合もあるのかな。

だから、どんな立場にいたって、他人の意見を無視する者は、その代償を支払わなければならない。
たとえどんなにルールが守ってくれようとも。
そうなんじゃないのかな。

自分の立場だけで、自分の事だけを考えて善悪を判断するのって、簡単だよね。
そこに、自分の親しい立場の人間の考えを入れると、ちょっとややこしくなる。
でも、少ない人間だと、まだ判断がつく。
でも、多くの立場の人間のことを考えると、収拾がつかなくなる。

だけど、それを常に考えていないと、人は知らず知らずのうちに、悪に引きずり込まれていくことになる。
法外や環境破壊だって、結果が人のことを考えていない行動から出たものでしょう?

人は条件反射でモノを覚える。
本能の中に、善悪の区別は無い。
だとすると、子供の頃の情操教育には、道徳が欠かせないはずだよね。
法律とはまったく切り離された道徳教育が。
そして、社会のルールが、全ての善悪の判断基準じゃないってことも教えなければならない。

でも、世界中のすべての子供達に、そんな事を教えることってできるのかな?

そして人は、そんな教育を受けたとしても、自分の中に生まれてくる善悪を、子供の時に受けた教育で、自分で完璧に判断できるようになるのかな?
[PR]
by rug1earth | 2007-04-23 01:31


ふんわり、ふわふわ
寒空をを見上げて、足が止まる。

早く帰って休みたいのに。

休んでも、

寝ても、変わらない明日がある。

足はふいにふらついて、帰りの一歩が遅くなる。

そのには守るべきものがある。

ただそれだけ。

でもそれで、前に進める。
[PR]
by rug1earth | 2007-04-13 02:36

    

自由を求めて空翔る魂の1/3(ラグの独り言)
by rug1earth
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧