カテゴリ:未分類( 69 )


連休の間は
仕事を離れていたせいか、はたまた人から煩わされることもなかったせいか、あまり憤りも無かった。
まあニュースを見ると、なんとなく納得できないことばかりが話されているけど、自分がゆっくりできていると怒りも収まるのか?

所詮、その程度の人間ってことだね。
[PR]
by rug1earth | 2006-05-08 01:31


人の意見って
必ず三つあるように思う。
ひとつは賛成。(肯定)
ひとつは反対。(否定)
そしてもうひとつは中立。(といえば聞こえは良いけれど、結局どちらでも良く、どちらでもない)
そしてそのどの意見も正しくて、どの意見も間違っている。
あとは、どの意見がどれだけの割合をしめているかだけ...って。

当たり前のことか...。
[PR]
by rug1earth | 2006-05-02 02:09


そうそう
昔思ったことがあった。
人は自分の子供が生まれた瞬間に、人生の主役の座を奪われるのじゃないかって。
親の人生は、子供の人生を守るためにあるのじゃないかって。

否定してもしきれない、よね。
[PR]
by rug1earth | 2006-05-02 01:52


紙とえんぴつを持って
風呂に入ろう。
何か新しい夢が描けるかもしれない。

そう、邪悪なものでもなく、
そんないやらしいものでもなく。
言葉をひとつひとつ綴って、新しい世界を思い描こう。

最近は本当に夢なんて見なくなっちゃったけど、
そんな自分とは少しの間おさらばして。
[PR]
by rug1earth | 2006-05-02 01:48


呟き4
人を批判できる程、僕はえらい人間じゃない。

大人がどうだとか、世の中がどうだとか、
安易に批評できるほど知識を持っている訳でもない。

でも、この世は狂っている。

子供の正義が、大人の正義でない世の中など、
ねじ曲がっている。

どこがおかしいのか、どこから直せば良いのかなんて、こんな巨大な世の中ではさっぱり分からない。

複雑に成り過ぎた世界は、純粋な思いを踏みにじって肥えていく。

話し合いとは名ばかりの、言葉の暴力が幅をきかせる。

僕はただ真実を知り、できるだけ嘘のない現実を見たいだけなのに。

見栄や欲望が人を変え、子供の頃教えられた正義や夢が、無意味な名誉やプライドに姿を変えていく。
[PR]
by rug1earth | 2006-04-30 12:57


呟き3
取り残された自分がひとり、
意識の中から目を覚ます。

何かが違う。
なのに、それが何だか分からない。

ときどき顔を覗かせて、
捕まえた、と思った瞬間から、
霧のように薄らいで消え失せる。

言いたいことはいっぱいあるのに、
迷った瞬間から、
必死に自分を取り繕う。

人間は元々動物なんだから、
生き方の講釈なんて必要ないんだ。

いつもの逃げ口上でごまかして、
自分で自分を納得させる。

でも、なにかが違う。

取り残された思いを残して、
時は先へ先へと進んでいく。

辿り着いた答えはあったはずなのに、
隔たりがすべてを包み込む。

取り残された意識のなかで、
顔の無い僕が笑っている。
[PR]
by rug1earth | 2006-04-30 12:51


呟き2
約束したはずだよね。

憶えているよ。
胸一杯の期待と恐怖で踏み出した一歩一歩。

君たちは黒い風の間に隠れて、
僕の真意を探っていた。

約束したよ。
誰も蔑んだりしないって。

君たちはそれを条件に、
僕の夢を聞いてくれるって言ったじゃないか。

僕は誰も蔑んだりしていない。
誰も陥れたりしていない。

だから想いは君たちの祈りと共に、
僕のそばにあるはずさ。

約束したはずだよね。

僕は忘れない。
それが僕の心の囁きだと、
いつも感じているから。

君たちの赤い命の叫びを、
僕は残らず受け止める準備ができているから

あの時、君たちは確信したはずさ。
恐怖に怯えた寂しい胸に、
限りない想いがあることを。

だから祈りは君たちの願いと共に、
僕のそばにあるはずさ。
[PR]
by rug1earth | 2006-04-30 12:47


呟き1
生きがいを見つけるために旅に出ましょう。
人との繋がりが煩わしくて、
だけど人の温もりをどこかで求めていて、
そんな矛盾だらけの自分を笑いながら。

生きがいを見つけるために旅に出ましょう。
ともすると、一瞬で崩れそうな自分を、
必死で支えながら生きていて、
振り返っては笑い、
うつむいては涙しながら、

生きがいを見つけるために旅に出ましょう。
それで自分を救えるのならば、
前に進むでもなく、
後ろに引くでもなく、
目的や目標なんて何も考えずに、
ただひたすらに今のひと時を過ごせる時間を求めて。

自然と共にあることを喜びながら、
時間と共にあることを愛しみながら、
選択肢を迫られるでもなく、
話をまとめさせられるでもなく
自らの意思だけで次になすべき事を決められる自由を楽しみながら、

生きがいを見つけるために旅に出ましょう。
[PR]
by rug1earth | 2006-04-30 12:42


いつの頃からか
夢見る事をしなくなってしまって、
仕事に追われて、我を忘れて...。

そんな自分を取り戻すために詩を書こう。

いつになったら、また昔のように夢見る詩が書けるようになるのか分からないけれど、
今はただひたすらに...。

自由に空が翔られる翼を求めて、ラグの章...。
[PR]
by rug1earth | 2006-04-30 11:56

    

自由を求めて空翔る魂の1/3(ラグの独り言)
by rug1earth
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30