<   2006年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


何が心を落ち着けないかと言うと
こういうことだろう。

まず、今の仕事を続けていても、自分の望みはかなえられないという事。

だから、今の仕事に対して意欲も湧かなければ、一生懸命にもなれない。
加えて会社の体制もメチャクチャだから、不満だらけで。
尚且つ、好んで着いた仕事ではないから、自分の中に今の仕事に対する才能も感じられない。
ただ、やっつけ仕事で臨んでいる。
だから、余計な仕事はしたくないし、体制がデタラメなところで、どう改善しようという想いもでない。

今までは、夢に望みを託して、今の仕事に出来るだけの努力をし、自分の夢が叶う時点で、人生の変更を行う予定だった。
夢は資産家であり、小説家であり、翻訳家でありたかったのだが、投資に失敗し、あまりの記憶力の無さや自分の中の文才の無さに音を上げた時、翻訳家を目指す事も小説家を目指す事へも意欲を失った。

今はただ惰性で生きている状態で、仕事上の責任の重さと、家族の生活を守る事の重圧に悲鳴を上げている。

そう考えると、今の自分が自分を取り戻すために必要なことは、夢を取り戻す事だろう。

冷静に考えれば分かる事でも、言葉にしなければ、ただ不満と不安だけが自分を攻め立てる。

自分がどこを目指して行かなければいけないか、どこを目指せばまた自分を取り戻せるか、夢を持てるか、もう一度考えよう。
もう自分では見えているのかも知れないが。

諦めてはいけない。
まだ僕は自分の夢を叶えてはいない。
[PR]
by rug1earth | 2006-05-28 17:43


ひとつ
ひたすら願うこと。

人の世に夢ありき。

ひるまず、嘆かず、突き進め。
[PR]
by rug1earth | 2006-05-16 22:09


体の不調に合わせて
仕事を休んでしまった。

また上司や同僚に迷惑かけるかな。

まあ、体が不調なのは、何かが自分に起きているのだろう。
それが、精神的なものか肉体的なものかは別にして、休養のタイミングまで誰かが言ってくれる訳じゃないから、自分が思ったときに休みを取ったということで良しとしよう。

b0088616_250499.jpg

明日からまた元気を出して、頑張ろう。

出せれば良いけど。

そん時ゃまた休み取るさ。自分の体調が戻るまで、何度でも。
[PR]
by rug1earth | 2006-05-16 02:50


このブログは
僕のバロメーターになるものかもしれない。

批判的なことが多ければ、今の自分が自分の望まないところにいるのだろうし、楽しそうな事が多ければ、心が安らいでいるのだろう。

もっとも心が安らいでいたら、ここには書き込まないかもしれないが、できればこのブログが楽しい詩でいっぱいになるくらい楽しい人生を送りたいものだ。
[PR]
by rug1earth | 2006-05-15 12:25


しばらく
今の仕事離れたいなあ。

許されない事なんだろうけど。
[PR]
by rug1earth | 2006-05-13 22:37


呟き5
白いノートを広げてみても、
何も書けないことがある。

複雑な世界は、
僕から徐々に言葉を奪っていく。

いや、言葉どころか心さえも奪っていく。

いつの間にか、
自分の信じていたものが失われ。
夢が遠く失われていく。

叫び声を上げてみても、
声にならない。

心の中で、
助けて、という言葉だけが木霊する。
[PR]
by rug1earth | 2006-05-12 11:19


明日(もう今日だけど)
休み。

休むことにした。

連休明けで、色々と疲れた。

ちょっと休憩。 ...疲れた。

今まで一生懸命に自分なりに頑張ってきた。

言われる仕事が全てこなせなくなってきたのは、いつの頃からか?

仕事量が自分の力を上回り始め、自分の机の周りが片付けられなくなったのは、いつの頃からか?

全てがプレッシャーになって自分にのしかかる。

人に振るのももともと得意じゃない。
自分が嫌な仕事は、人も嫌いだと思う。
そんな仕事を、人には押し付けられない。

でもやらなくちゃいけない。
全てがプレッシャーになって自分にのしかかる。

へへへ。
卑屈な笑いしか出てこなくなる。

そんなことで潰れたと思いたくない。
潰れたと思われたくない。
でも実際には、こなしきれない自分がいる。

分からん。
何もかもが、分からん。
[PR]
by rug1earth | 2006-05-12 03:44


風が流れる
心地よく。

僕は問う。君は何のために生きるのか?

答えはない。

時間に追われ。
仕事に疲れ。

僕は問う。君は何のために生きるのか?

答えは無い。

夢破れ。
惰性のように生き。
泥にまみれ。

僕は問う。君は何のために生きるのか?

応えはない。

無い答えを探し求め。何度も何度も爪突きながら。
死を見つめ。
生を見つめながら。
さらに問う。君は何のために生きるのか?

答えが見つかる前に、私は老いを迎える。

神様が出していない応えに、答えなど無いのかもしれない。
[PR]
by rug1earth | 2006-05-11 00:48


やはり
はっきり言って、親父とは人種が違う。
そんな気がする。

親父は人と争う事を好み。
人を蹴落とさないと生きてはいけないという。

僕も「人から闘争心を拭い去ることなんてできないのかもしれない」とは思っているが、親父のようにはなりたくない。
自分がトップでいるために、自分が中心でいるために、ところ構わず喧嘩しているように思える。

子供の頃から悩まされ続け、自分の人格形成にも、人生設計にも大きな影響を持った。

地位をなし、一見成功したような人生を歩んでいるが、何かが違う気がする。

どう過ごしても、説得をされても、僕は親父の支持者にはなれない。
[PR]
by rug1earth | 2006-05-08 02:44


人って
欲の塊なのかな。

自分自身が何を求めて、何をやろうとしているのかよく分からん。

でもその先には、いつもなんらかの欲が待っているような気がする。

他人も同じ? 同じなのか...?。
[PR]
by rug1earth | 2006-05-08 02:15

    

自由を求めて空翔る魂の1/3(ラグの独り言)
by rug1earth
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧