世の中はなめたらあかん。
世の中はなめたらあかん。
分かっていながらも、自分でも気付かず、そうしていることがあるようだ。

自分に否はない。
そう信じないと渡ってはいけない世の中にはなってきたが、自分を肯定し過ぎることによって、見えなくなってくることもある。

世の中の酷さを、全部他人のせいにして、自分を悲劇の主人公の様に思っていると、足下をすくわれることがある。

自分で気付けないことに、どれだけの責任があるのかは見えないが、自分を肯定し過ぎると、気付けない範囲も広がるようだ。

忙しすぎて自分のやっていることを追い切れない状態で、目が見えなくなってくることもある。
逆に、自分のやっていることが上手くいきすぎて、目が見えなくなってくることもあるのだろうが、世の中は難しい。

忙しすぎて、手を抜いている自分がいる。
説明が下手で、端折っている自分がいる。
他人のせいにし過ぎて、苦労の原因が自分の我が儘にあることが見えなくなっている自分がいる。

全てを自分のせいにすることはないのだろうが、全てを他人のせいにしてはいけない。
[PR]
# by rug1earth | 2007-04-12 04:45


漏告
心から血反吐を吐きながら、
のたうち回っている自分がいる。

弱い自分。
そんなことは百も承知。

でもそんなこと、
自分で何とかなるものでもない。

だから、傷つく度に、
心から血反吐をはきながら、
はいつくばって、
のたうち回る。

もうこんな思いはしなくて良い。
何度そう思ったことだろう。

でも、何度でも、
同じことの繰り返し。
堂々巡り。

心の安らぐ場所をくれ。
[PR]
# by rug1earth | 2007-04-11 04:07


生き地獄
誰か助けてくれ。
僕はまだここにいる。

生き地獄。
生き地獄。

誰が何と言っても、
僕にはそう思える。

世の中は楽しいことばかりじゃない。
自分の思い通りにならないことも多い。
そんなことは解っているが、
あまりにも・・・・

あまりにも傷ついている自分がいる。

生き地獄。
生き地獄。

誰か僕を肯定してくれ。
それで良い。
それで良いんだ。
そう言ってくれ。

世の中の決まり事など、
あってないようなもの。
ある所では肯定され、
ある所では否定される。

だから、今ここでは、
お願いだから僕を肯定してくれ。

生き地獄。
生き地獄。

どこまで行っても、
生き地獄。
[PR]
# by rug1earth | 2007-04-11 03:56

    

自由を求めて空翔る魂の1/3(ラグの独り言)
by rug1earth
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧